美人ホルモンといわれるエストロゲンって何?

エストロゲンとは何でしょうか?

女性なら耳にしたことがある方も多いのではないでしょうか。

エストロゲンとは、エストロン、エストラジオール、エストリオールなどの卵胞ホルモンの総称で、卵巣から分泌されるホルモンのことを言います。

女性を創り、女性の健康維持に大切な役割を果たしています。

女性を創るというのは、つややかな肌や髪、ふくよかなバストなどをつくりだす作用があるという意味で、美人ホルモンなどと言われることもありますね。

その分泌量は年齢とともに変化します。

もっとも分泌量の多いのは20代。

30代に入ると減少しはじめ、更年期といわれる40代後半から50代には、急速に減少してしまいます。

エストロゲンの分泌は月経周期と関連しており、排卵日の直前が最も分泌量の多い時期になります。

月経、妊娠、出産をつかさどるホルモンですので、閉経を迎える更年期にその分泌量が減少してしまうのですね。

閉経や更年期を避けて通ることはできませんが、年齢を重ねても美しくあるために、エストロゲンを増やす方法を知っておきたいものです。

毎日の生活の中で、エストロゲンの分泌量を増やすために出来ることがたくさんあります。

まずは食生活です。

栄養バランスのとれた食事をきちんと摂ること。

健康な身体があってこその美しさですから、食生活はとても重要なポイントです。

その食生活の中に、エストロゲンに似た役割のある食材や、エストロゲンをつくりだす素となる栄養素を含む食材、卵巣を元気にする栄養素を含む食材をとりいれたいものです。

エストロゲンに似たはたらきをするものに、ポリフェノールの一種である、大豆イソフラボンがあります。

これは有名ですよね。

大豆に含まれる成分なので、豆腐、納豆、豆乳などの食品からとりいれることが出来ます。

これらは積極的に毎日食べても問題ありませんが、サプリメントでイソフラボンを摂取する場合には注意が必要です。

大豆イソフラボンには2種類あり、グリコシド型とアグリコン型というものですが、サプリメントでアグリコン型イソフラボンを摂取する場合、一日の摂取量は30mgまでにすべきという指針が厚生労働省から出されています。

詳しくはこちらのサイトを参照ください

エストロゲンについて知りたいならこちら